お問い合わせホットライン:+86 551-64418829
安徽通達包装材料有限公司へようこそ。

安徽省通達包装材料有限公司

ANHUI TONGDA PACKING MATERIALS CO.,LTD

公告する。
会社のニュース
業界ニュース
展示会の情報
グリーン包装とラベル基準
Source: | Author:hftongda | Publish time: 2006-01-11 | 600 Views | Share:

【中国食品網】
1、グリーン食品の包装基準
(1)食品包装の概念及び基本要求食品包装とは、食品の流通過程において製品を保護し、貯蔵・輸送を促進し、販売を促進するために、一定の技術によって採用される容器、材料及び補助物の総称であり、また上記の目的を達成するために容器、材料、補助物を採用する過程において一定の技術方法等を適用する操作活動を指す。食品包装の基本的な要求は:
①賞味期限が長い(棚寿命)。
②二次汚染をもたらさない
③元の栄養と風味を失わない
④包装コストが低い
⑤貯蔵輸送が便利で、安全
⑥美感を増し、食欲をそそる
⑵緑色食品の包装基準
この基準は制定されています。我が国の包装工業はスタートが遅いです。発展と環境保護の問題において、伝統的ないくつかの包装が環境保護によくないです。包装製品は原料、製品の製造、使用、回収と廃棄の全過程はすべて環境保護の要求に合うべきで、それは資源、エネルギーを節約することを含んで、廃棄物の発生を減らして、免れて、リサイクルして、分解することができるなどの具体的な要求と内容。つまり、世界の工業先進国は包装を「3 R」、「1 D」(Reduce減少量化、Reuse重複使用、Recycle再循環とDegradable再劣化)の原則にするよう要求しています。
2、グリーン食品ラベル基準
グリーン食品の包装は、食品包装の基本的な要求以外に、包装の装飾には「グリーン食品マーク設計標準マニュアル」の要求を満たすべきです。グリーン食品包装ラベル標準は制定されています。制定前に、グリーン食品の包装ラベルは国家の「食品ラベル通用標準」GB-718-94に適合していなければなりません。標準に規定されている食品ラベルには以下の内容が表示されています。
(1)、食品名
(2)、配合表
(3)、純含有量及び固形物含有量
(4)、製造者、販売者の名称と住所
(5)、日付マーク(製造日、賞味期限または/保存期間)と保管マニュアル
(6)、品質(品質)の等級
(7)、製品標準番号
(8)、特記内容
3、緑色食品の偽造防止ラベル基準
グリーン食品の偽造防止ラベルはグリーン食品に対して保護と監視作用を持っています。偽造防止ラベルは技術上の先進性、使用の専用性、価格の合理性を持っています。ラベルの種類は多様で、異なる製品の包装を満たすことができます。標準規定:
(1)グリーン食品表示の使用を許可する製品はグリーン食品表示の偽造防止ラベルを追加しなければならない。
(2)緑色食品表示の偽造防止ラベルは同じ番号の緑色食品製品にしか使えません。グリーン以外の食品やグリーン食品の偽造防止ラベル番号と一致しないグリーン食品の製品はこのラベルを使用してはいけません。
(3)緑色食品表示偽造防止ラベルは食品ラベルまたはその包装正面の著しい位置に貼るべきであり、元の緑基準、番号などの緑色食品の全体イメージを覆い隠すことができない。
(4)企業の同一の製品に対して、偽造防止ラベルを貼付する位置及び箱詰め用の大型ラベルの位置は固定し、勝手に変化してはいけない。